スキマ不一致

乱暴と待機 感想・・・

f0078880_0491856.jpg
先日、映画「乱暴と待機」を観てきました。
以前、「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」でドカーンと本谷有希子にヤラレてから本も読んだりラジオも聞いたり(ニコニコで)してたのですがまた彼女の原作が映画化するとあって超楽しみにしておりました!わほー!!

ストーリーは美波演ずるいつもグレーのスウェット上下でいつも生活している「奈々瀬」

小池栄子演ずる、奈々瀬の高校時代の同級生でスナック勤務の妊婦の「あずさちゃん」

山田孝之演ずる、あずさちゃんのダンナで無職でヒモの「番上くん」

そして浅野忠信演ずる、
それらを屋根裏から覗く「山根さん」。


そんな4人の変な話と言ったらそれまでの・・・そんな感じ。

奈々瀬ちゃんは人に嫌われるのが大きらいなのです。
なのでちょっと騙されて誰とでもやっちゃうwww

そんなめんどくさーーい女とそれを覗く変な男がいて
普通変なんだけど本来普通を演じてるはずの
あずさ(小池栄子)が変なのか?と勘違いしてしまうほどww

小池栄子はなんか異質な世界にいる普通として好演技でした。
妊婦なのに走ったりするところはいのか?思いましたがww

今回の好演技は間違いなく小池栄子でしたが
個人的にハッとさせっれたのが美波のスウェット姿でした。
劇中「番上くん」が
「逆効果だよ・・・」って言っているのですが
奈々瀬の狙いはうらはら確かにグレーのスウェットがエロイ!!!!!
と、いうかスウェットからこぼれる美波の白い肌が超エロかった!!!
それだけでもこの映画観る価値るかもw

個人的には「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」の方が好きですが
こっちも大変おもしろかった!!
観てる時何度も爆笑がおきましたw
(場内で声だしてまで笑われるのは私は好きじゃないけど・・・)
DVDで観るよりはぜひ映画館で!と久しぶりにおススメできる映画です(^^

ちなみに新宿ピカデリーに観にいったのですが衣装の展示がありました。
f0078880_4291785.jpg



山根さんが劇中聞いてたカセットも置いてありました。
f0078880_441742.jpg




永ちゃん?www
f0078880_4421035.jpg






自分ってめんどくさいヤツだなーて一度でも思った事ある人には特におススメですw


ネタばれになるのでMoreに感想。読みたい人だけどぞー。



以下は個人的なネタばれ含みの感想です~。

奈々瀬は人に嫌われるのがイヤで超へんな子。
声も上ずって話し方も変だし気の使い方も変。
でもって嫌われたくないから誰とでもやっちゃう。
男にも軽くだまされちゃう。
変だけどかわいから男も奈々瀬をだましちゃう。
当の本人は自分がかわいいのを自覚してんのかどうだか…

番上くんも結局変だけどかわいい奈々瀬をうまーくだましてwやっちゃうんだけどw

それを知って奈々瀬に怒鳴りちらすあずさちゃんに
「ごめんね…、ごめんね…」と泣く奈々瀬。

あずさちゃんは「あんたっていつもそう!そうやって泣いて!私の方がいじめてるみたいになる!」
・・・なような事を言ってたと思うのですが

うーーんwww分かるwwww
女ってこういう「女」、大嫌いですよねw

でも、劇中の奈々瀬はあんまり嫌いになれなかったんです。

回想シーンで奈々瀬が山根さんと一緒に暮らす前の仕事を淡々とこなす姿があったからかも。


だーれもいなくて寂しい時憎しみでもいいから
自分の事考えてほしいって。一緒にいたいって。
そっちの方が信じられるほど寂しかったのかも。
仕事忙しかったりするほど一人が身にしみたのかも。


でもそんなのってめんどくさい気持ち…ううう…なんかちょっと共感してしまうww



奈々瀬が山根さんとの会話で

「私、ほんとめんどさいから。めんどくさいの、嫌でしょ?」

と、嘘といういい訳をつけた本音を言います。それに山根さんは

「めんどくさいの嫌でごめんな。めんどくさくても大丈夫って言ってやれなくてごめんな」

・・・って言うのーーーー(´Д`υ)……

いやー・・・この言葉だけはずうーーーーん!ときた!

「めんどくさくても大丈夫だよ」って言ってほしい…私もめんどくさい女なもんでww


人に嫌われずに生きるって難しい、むしろ誰からも嫌われない事って違和感のある事なんだって
分かってはいたけど見せ付けられたちょっと心に痛い映画にも思えました。

「乱暴と待機」というタイトルも考えさせられますなあ。
[PR]
by k-z-ki | 2010-10-13 00:56 | 映画
<< 韓国旅行に行ってきたよー!(ご... 念願のお醤油さし >>